悲しいご報告となりますので気を悪くされたくない方は今日は飛ばして頂けると幸いです

売買日記

週間全勝のかかった先週金曜は後場14時20分までは+6000円ほどのところから延々と上昇していく銘柄への空売りでムキになってしまい大逆転負けとなってしまいました。

 

しかし、そんな負けなどどうでもいい悲しい出来事がありました。

 

ここからは最後に載せる今日の収支以外の内容で、お気を悪くされたり、私と同じように悲しくなったりするのが嫌だという方は読み飛ばしてください。

 

前場終わってからいつものように足腰の弱ったうさぎをケージから出して好物のうさぴゅーれを与えて撫でていたまでは前日までと同じ日常でした。

後場が終わってブログを書き終わり、うさぎのケージ掃除と食事を準備をすると、うさぎの様子がおかしいことに気付きました。

 

今年に入り足腰が弱っており、何度も躓いたり転んだりすることがありました。

10歳を超え高齢なので、足腰は弱るのは仕方がありません。

5月に入り弱った足腰は一気に悪くなり、走ることはおろか、真っすぐに歩くことさえできなくなっておりました。

 

一気に衰えた足が更に悪くなったのか、掃除を終えてケージに戻るとグダっと横たわるようになってしまいます。

いつもはご飯の中に入れてあるサプリメントのラクトフェリンが好きで飛びつくように食べだすのですが、このようにすぐに横たわって眠るのです。

観た感じはいつもの可愛い姿なのですが、すみません書きながら涙があふれてきました。

ここからまともな文章になっていなければ申し訳ありません。

 

足腰が悪くなっていてはいたのですが、このように横になることは普段はなくてケージにもたれかかるような感じで支えていたのが、この日は急にこういう感じなのでもしかしてと嫌な予感がし、私はだんだんと心拍数が上がり、動悸がしてきました。

 

この後も食事も水も取らず、好物のうさぴゅーれを口に近づけても拒みます。

足が悪くなってきだすと最期が近いと聞いたこともあり、食事もとらないので危篤ではないかと弱る姿を見て涙を流しました。

夜のバイトも休むこととし、食を取るかこのまま旅立ってしまうまでそばにいようと思いケージから出しました。

この状態で全く起きる様子がなく、夕方17時から気づけば22時を過ぎており、5時間ずっとさすったりスポイトで水を口にあてたり、ぴゅーれを与えようとしました。

でも、口にすることはありません。

すみません、もう何を書いているのかわからなくなってきました。

打鍵してる指、手も震えてきました。

 

少し間を置きました。

これまでの間、2回ほどすごく痙攣し、目も瞳孔が開くなど凄く苦しむ場面があり、何度も「頑張って、頑張って」と声をかけながら撫でて涙も止まらなく、苦しいなら無理をしなくてもいいという気持ちもありました。

 

すると22時半あたりでしょうか、遂に呼吸をしなくなり天国へと旅立っていきました。

 

うさぎの最期は断末魔をあげたり、走り回って亡くなったりと嫌な死に目を聞いたこともあったのですが、最期は静かに息を引き取りました。

 

10歳半と人間でいうとおそらく90歳ほどだと思います。

よくこれまで家族として元気で、可愛くて、癒しを与えてくれたり、時には病院へいったり、うっ滞になったり心配をかけることがあったり、小さい頃はマッサージチェアの線をかじって故障させたりやんちゃなこともありました。

本当に楽しく良い時間を過ごせたこと、我が家で迎えれたこと感謝です。

 

辛い気持ちはありましたが、売買の方は一応やってはみました。

長くなってしまったので今日は結果だけのアップだけにしますね。

今日は私の悲しい記事となりましたこと大変申し訳ありません。

 

お読みいただきまして、ありがとうございました。

よろしければポチっとお願いします。
↓↓

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

コメント

  1. ポッポ より:

    お久しぶりです。以前に鳩ポッポのHNで何度かコメらせて頂いた者です。
    思う所有って、株ウサギさんか僕のどちらかが億トレーダーに成る迄はコメを遠慮しようと決心したのですが、今日の愛兎の死の悲しさにくれて居られるご様子に、ほんの少しでも慰めになればと思いコメントさせて戴いた次第です。諸行無常の定めの中ですが頑張って参りましょう! 人間のお葬式会場なら、綺麗な花壇を飾るのでしょうが、ペットの野辺送りは心の中で感謝してさよならするのでしょうか。ご冥福をお祈りいたします。
     
     追伸;僕は相変わらずのコツコツと小銭を稼いでいます。saekikanさんもコメントが見かけられませんが、相変わらずの王道勝ち組の道を邁進してることと思っております。

    • kabuうさぎkabuうさぎ より:

      お久しぶりです!
      鳩ポッポさん?水戸ポッポさんですよね。
      大負けからのブログ中断でもう愛想をつかされたのかと思っておりました。
      水戸ポッポさん元気にしておられるか凄く気になっていました。
      億トレになるのはストップ高手法の水戸ポッポさんと思います。
      もしかしたら今注目のビューティー花壇持っているのではないでしょうか?

      悲しいことに10年半生きてくれた我が家のうさぎが旅立ってしまいましたね。
      大分マシにはなりましたが、やはり寂しくふとしたタイミングで頭に浮かんではボーっとしたり泣きそうな状態が続いています。
      葬式ですが、ペット火葬の業者さんに来ていただきました。
      今はケージの上に骨壺と写真を飾ってあります。
      ケージはそのうち片づけないといけないのですが。
      励ましのコメントありがとうございます。

      追伸;花壇?ん?花壇。もしかしてやはり。saekikanさんはときたまコメント頂いておりますよ。
      腕も益々上がり王道勝ちに加え日中の売買でも利益を出したりと素晴らしい成績をだしておられますね。

  2. saekikan より:

    kabuうさぎさん、お疲れ様です
    うさぎさんは残念でしたね。でもkabuうさぎさんに見守られながら天寿を全うできたのは幸せだったと思います。
    自分もペット(文鳥)を亡くしたことがありますが自分の場合当時勤めていた会社にサービス休日出勤しに行っていた間に鳥籠から抜け出してしまいもう歳で足が弱っていたからと思いますが帰宅して鳥かごに姿が無いと探した時にはベットの隙間付近に挟まって冷たくなっていました。。。。。あの時は休みの日に会社になんか行かなければと後悔しました・・・・・・

    最近はまた目も痛く、お腹の調子も悪く、睡眠不足も重なりと・・・相変わらずどうしようもない生活中です(^^;)。。。ほんと自分も早くまともになりたいのですが(^^;)・・・・・・

    • kabuうさぎkabuうさぎ より:

      saekikanさん、お疲れ様です。
      うさぎが天国へ旅立ってしまったのは本当に辛いですが、とにかく死に目にあうことができ最期見送ることができたのは幸いでした。
      当日昼までは前日と変わらない様子だっただけに悲しさが増しました。

      文鳥の記事前に読みましたが、辛かったことだろうと察します。
      休日出勤に限ってと後悔が残る気持ちも本当わかります。鳥籠から出たのは最期になるかと何か残したかったのでしょうかね。悲しいですね。

      生活の改善に苦労されておられるようですが、夜型から朝型に戻すのは日が経つにつれ難しい問題かもしれませんね。
      目とお腹心配ですね。病院に行ってもなかなかよくならないとのことで余計ですね。

      追伸 久しぶりに水戸ポッポさんがコメントに訪れてくれてsaekikanさんのことお気にされておられましたよ。

      • saekikan より:

        お疲れ様です
        もう歳だってことですよねー(^^;)
        なんか物忘れも前以上にひどくなってきた気がするし認知症とか徘徊するようになったらどうしたものかと(^^;)・・・・
        今は少しでも健康年齢を伸ばしたいと思うのみです(^^;)
        ほんとお互い体調には気を付けましょうね(^^;)

        ポッポさんも億トレーダーになるまではって言うのはすごい決意ですよね。
        自分は相場の強弱に流されているだけなので何かもうちょっと自分なりの必勝パターンを作りたいなって思うところです(^^;)

        • kabuうさぎkabuうさぎ より:

          saekikanさん、おはようございます。
          歳を取ったというのは年々実感しますよね。
          嫌ですけどね。
          健康といえば花粉症を少しでも改善したいと調べ、腸内環境をよくしようと試みております。
          私も身体きつく趣味の草野球も去年いっぱいで辞めることとしました。目も老眼がだんだんひどくなって本やスマホの小さい文字を見にくくなりました。

          億トレーダー憧れはしましたが、とてつもなく厳しい道のりですね。
          とにかくコツコツでいいので生き残って収益を増やしたいものです。
          今日明日と温泉に行くので相場は休みとし、来週からまた頑張ろうと思います。

  3. 通りすがり より:

    『虹の橋』 作者不詳
    この世を去ったペットたちは、天国の手前の緑の草原に行く。食べ物も水も用意された暖かい場所で、老いや病気から回復した元気な体で仲間と楽しく遊び回る。しかしたった一つ気がかりなのが、残してきた大好きな飼い主のことである。

    一匹のペットの目に、草原に向かってくる人影が映る。懐かしいその姿を認めるなり、そのペットは喜びにうち震え、仲間から離れて全力で駆けていきその人に飛びついて顔中にキスをする。

    死んでしまった飼い主=あなたは、こうしてペットと再会し、一緒に虹の橋を渡っていく。

    • kabuうさぎkabuうさぎ より:

      通りすがりさん、お疲れ様です。
      愛兎の最期の記事読んで頂いたのですね。
      虹の橋初めて聞きました。ときたま亡くなったペットは飼い主の周りにいるという話を耳にすることがあります。
      天国で元気にして、トレード下手の私を天国からも叱咤激励してくれていると信じております。
      今日も悲しみに暮れ線香をたいて、そのままにしたケージ越しに話しかけました。

タイトルとURLをコピーしました