2022年3月の成績

月別反省 振り返り

今年に入り1月、2月とも額は多くはないのですが、連続で負けておりました。

去年の4月くらいからなかなか勝てなくなってきてるのですが、それが今年に入っても続きもうこのまま勝てないのではないかと不安が大きくなってきています。

 

そんな弱気が強まっている3月でしたが、なんとか月間プラスにはできたものの、手数も少なく勝率もそれほど高くないといった月でした。

 

3月は22営業日あって、15勝7敗でした。

去年の12月、今年1月、2月も負けた日は7日とだいたい月単位では7営業日くらい負ける日があるといった傾向です。

 

手数が減ったのは2月に続き、空売りでのルールを強化したのが無駄な大負けを回避できたことかなと見ています。

空売りで大負けするのは、S高付近での空売りでそのまま貼り付いてしまい、持ち越し強制決済による罰金と大きくギャップアップしたことで大ドカンとなるということでした。

3月もルール強化により手数は減りはしましたが、貼り付けを食らうということは避けれました。

 

1日だけ大負けをした3月11日は17100円という惨劇でした。

これは特に反省というか、DNAチップの押しを狙って買った瞬間に連売りからの特売りで逆指値の想定の倍額をスリッページでもっていかれたのが響きました。

しかも、これに冷静さを欠いてしまい、すぐにメドレーの急騰からの下げに飛びついてしまい、これも大きい損切りとなりノックアウトされたという典型的な負けトレードでした。

 

4月からはこのようなダメトレードを無くせるのかどうかわかりませんが、できるだけ冷静さを欠いてしまうと売買をしないようにと意識していきたいと思います。

実際そういう展開になると意識していたことをすっかり忘れてしまいそうという不安はあります。

とにかく今年に入って少額ですが、ようやく月間プラスにできたことは一安心です。

なんとか年間の収支もプラ転したので、このまま気を抜かずやっていきたいですね。

 

 

お読みいただきまして、ありがとうございました。

よろしければポチっとお願いします。
↓↓

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました